本文へスキップ

関東支部から情報発信 

お知らせinformation

関東支部会員からお知らせ

支部長退任に当たり

  永い間ご支援ご鞭撻いただき誠に有難うございました、感謝の気持ちでいっぱいです。2006年春、前支部長高原光立さん(43M)から3代目支部長に指名され、前氏を始め初代岩田和彦さん(41K)、事務局長細江龍三さん(41K)等先輩の手厚いご指導はもとより、愛知工業大学、愛知工業大学同窓会(瑞若会)、同後援会、名古屋電気学園愛名会のご支援を受けながら足掛け12年間にわたり支部長を努めさせていただきました。本年夏をもって4代目石川定雄さん(57R)、また事務局長の後任として久保統義さん(62K)副支部長として近藤友久さん(61K)等に後継を託すことが出来ました。今後この新体制により支部の目指す「楽しみながらの交流会」をブラッシュアップし若い会員に魅力溢れるNew瑞若会関東支部を目標に発展して頂ければと願うところです。12年間の振り返りについては、2017年7月に立ち上げました新関東支部HP(活動報告)をご覧頂ければ幸いです。

2018年12月 (45E)水野政光

愛工大同窓会関東支部を振り返って

 関東支部は同窓会の中での地域として東京を中心とする関東地方の神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨になります。関東地域から勇躍名古屋を目指した勇気ある卒業生、卒業して就職したのが関東の企業、官庁、学校、転勤になって居住した人、事業を起こして会社経営を推進する方々など多士済々です。
昭和37年(1962年)電気科を卒業した1期生をトップとして38年電子科、41年経営工学、機械科そして土木科、建築科と続いて輩出して名簿把握している人数は千数百人になるでしょうか。
 関東支部は(41K)岩田和彦(支部長)と同級生(41K)細江龍三(副支部長兼会計)の主導によって関東支部活動の端緒が開かれました。ある時は新宿高層ビルにおける眺望はるかなレストランでの支部総会そして親睦の宴であり、銀座老舗での集まりであったりしながら出席者の数も増やしていきました。大学から後藤 淳総長、鈴木 達夫教授に参席願ったりして50名前後の集まりになって交流の輪が広がり人的交流、情報交換、親睦の輪が広がっていきました。
2000年を迎えながら2代目支部長として(43M)高原光立が就任し、
副支部長(45E)水野政光、会計総務 細江龍三になりました。
愛工大は技術系単科大学ながらその活躍、活動において個人が持っている能力は非常に優れているものがあり、所属する企業なり組織において技術系の人材としての価値を発揮して海外赴任も経験した強者もキャリアにおいて有能な人材が多数であることがわかりました。そこで考えたのが「技術交流セレクション」であり、大学と共同企画の「オープンフォ−ラム」をおこないました。
大学から教授派遣を願い公開講座を開催そして関東における実績大なるキャリア豊富な卒業生に発表してもらうことも値打ちでした。
コンピュータ関連ソフトの大家、ジャンボジェット機の機長、通信におけるハードソフトの技術者、パソコン草創期の開発技術者、自動車部品加工における表面処理技術の会社創業者、自動車会社における開発担当者など有能かつバイタリティあふれる諸氏の存在も心強いものでした。その当時の会場として品川区立「きゅりあん」を利用することができました。
 2006年3代目支部長水野政光の登場です。当節話題のT社で活躍、ブラジル、中国など赴任、支援した経験豊富なキャリアを持っています。同学年卒組として(45R)江藤 磐、(45E)河合雅利、(45E)山崎美好氏など多士済々となり活発な関東同窓会の陣容が整いました。
3代目を支えていた副支部長は、江藤 磐はじめ(51R)二宮和彦、(50E)奥田えり子、(50R)小山泰一氏、現在の副支部長は(50C)保浦光宏、(57R)石川定雄氏 となっている。
主催行事は後述として銀座ライオン、汐留ライオンにおける会合を主体としながら折にふれて集まりながら有効の輪を保っています。
さて関東支部も活動を継続して行く中で、会社引退、定年を迎え第一線から退く方々が増えてきました。すでに最長老は70才代半ばを過ぎ、大学における先生方の引退も進みました。
同窓会活動の意義を再確認し合わせて若返りも考えていかなければなりません。友情の確認と絆を結ぶための方策を確認しながら信頼できる同窓の輪を広げていきたいものです。同窓生の皆様の提案をいただきながら、信頼できる交流の輪が広がり、愛知工業大学卒業生としての矜持を保ち、人生の一里塚になっていくことを願うしだいです。

2017年6月 (43M)高原光立


瑞若会関東支部HP再構築にあたって

 日頃は愛知工業大学同窓会『瑞若会』関東支部活動にご協力いただき感謝申し上げます。 関東支部の目指す「楽しみながら交流する会」の広告塔となるホームページのリニューアルが、この度瑞若会本部、関東支部(60R)近藤友久氏等の協力をもって完成しましたことにお礼申し上げます。
 リニューアルに当たってお願いした事は、既存のHPは(45R)江藤磐氏、(51R)二宮和彦氏のご尽力により作られ完成度も高く末永く残してもらう事でした。両氏はいずれも帰郷され現役でご活躍喜ばしい限りです。
 ここにリニューアルしたHPが、東京を中心とした関東一円でご活躍の卒業同窓生、現役を退いた同窓生及び先のお二人の様に帰郷された同窓生の皆さま方相互の情報交換の中心としての役割をはたしてくれると信じています。
 広告塔は出来た!活用者は誰だ!             我等アミーゴだ!!
 支部としてはまだまだ会員へのアプローチや名簿の整備など実行すべきことが多い中で「楽しみながら交流する」をモットーにしながら進めて参りたいと考えています。
同窓生の皆さまには、これまで以上のご協力宜しくお願い申し上げます。

2017年6月 (45E)水野政光


愛知工業大学同窓会「瑞若会」本部・関東支部からのお知らせ

住所等の変更について
「みずわかVol.51」が届いていない会員の方は,現在,住所不明会員となっています。
愛知工業大学同窓会「瑞若会」本部・関東支部事務局まで住所等を連絡お願いします。

  

関東支部へのご連絡はお問合せからお願い致します。